2009年07月01日

ホームページ上から出資依頼が可能なベンチャーキャピタル

ホームページ上から出資依頼のためのビジネスプラン送付が可能なベンチャーキャピタルを一覧にしてみた。実は、大半のベンチャーキャピタルが応募用のフォームを設けておらず、メールアドレスを掲載しているだけだったりするが、それらは一覧からは除外した。

一覧の末尾に、外部からのビジネスプランの応募を受け付けている事業会社の投資部門を加えてみたが、これについては相当な漏れがあるだろう。気付かれた方がいらっしゃいましたら、是非ご指摘ください。

事業会社系ベンチャーキャピタル
アント・キャピタル・パートナーズ
インテルキャピタル
日本アジア投資
伊藤忠テクノロジーベンチャーズ
SBIインベストメント
チャレンジ・ジャパン・インベストメント
インテック・アイティ・キャピタル
ニュー・フロンティア・パートナーズ

独立系ベンチャーキャピタル
アイシーピー
アイティーファーム
サンブリッジ
東京ベンチャーキャピタル
東北イノベーションキャピタル
日本エンジェルズ・インベストメント
北海道ベンチャーキャピタル

証券・銀行系ベンチャーキャピタル
ジャフコ
新光インベストメント
信金キャピタル

政府系ベンチャーキャピタル
大阪中小企業投資育成
東京中小企業投資育成
名古屋中小企業投資育成
知財開発投資

事業会社投資部門
サイバーエージェント
エムアウト

ホームページ上からビジネスプランの送付が可能とは言え、実際には各社の応募フォームも異なったりして、リクナビNEXTで複数の転職先にレジメを一括送付するような気軽さは無く、各社毎に応募の文言をカスタマイズする必要に迫られ、面倒極まりない。

ベンチャーキャピタル各社で求められるビジネスプランが違う(詳細度合い・記述項目など)ということだが、その最大公約数みたいなところを意識しながら、カスタマイズしやすい・応募しやすいビジネスプランの書く方法、について次回エントリーでは考えてみたい。



posted by 新規事業立ち上げマン at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。